OutDoorと被災時に役立つバイオライトキャンプストーブ

 これ欲しい ^^

 最近、Out Doorで使ってみたいストーブです。これって、被災時にも大活躍しそうです。

キャンプやちょっとお外でバーベキューとか、荷物が苦にならないときに持っていくといいなぁ。リュックの中に入れても重さが苦にならない方には、どこでもOkでしょう。

Out Doorでは、携帯電話など電子機器から離れて過ごしましょう、何のためのOut Doorかって感じもあるでしょう。でも、もしかして緊急事態が発生してしまった時に電池切れだったら・・・困りそう。

バイオライトキャンプストーブは、被災時の電池切れ対策にも持ってたら便利ですね。大地震や大雨土砂災害時など、被災時の防災用品として常備しておこうと思います。まだ購入していないですが、購入したら使用感などアップします。

 このストーブは、小枝や小さくした薪、松ぼっくりなどを燃焼室で燃やして、卓上カセットコンロのように調理できますね。調理しながら、また、暖をとりながら、携帯電話やスマートフォンなどの電子機器を充電できるってところがいいです。

野山、渓谷、海辺など、場所を選ばず使うことができますね。マイナスイオンをいっぱい浴びながらコーヒーを淹れる・・・なんか大好きなスローな時間を楽しめそう ^^

iPadが充電できたら、自然の中で映画楽しめますね ^^ わざわざ外で映画見ますかって言われそうですが・・・ やっぱり、焚き火と星空ですか ^^

ボンボンベッドでハイボール片手に、できたての燻製をつまんで・・・う~ん・・・

 さて、気になる点ですが・・・

  • 充電できる容量は、公称通りか ?
  • 充電時間は安定しているか ?
  • 耐久性は ?

燃やす燃料で充電にはバラツキが出そうですし、燃焼状態や外気温によって充電能力は変動しそうです。耐久性も燃料が多すぎて高熱になって金属が曲がってしまうとか。ここはやはり購入して実際に試してみないとわからない部分ですね。

 購入に興味ある方は、下記からどうぞ ^^

amazonでは、

BioLite(バイオライト) キャンプストーブ ( POTアダプター ) 1824222

楽天では、

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク