MacBook12にMT4、EasyWineでwindows版と同じ動作期待2!!

EasyWin_MT4

 MacBook12で、MT4、Windows上と同じように使いたい、第二弾。MT4のインストール。結論からお伝えすると、文字化けは解決しましたが、フローティングWindowの動作が変でした。こんな感じ。

easywine_mt4_navi下に広げようとしたら、ウィンドウの外枠は下に伸びますが、タブは下方に動かず・・・MacBook12使い始めて数ヶ月の私には原因は謎・・・

発注ミスや予期せぬ決済他、異常な処理をするわけではないので、少し使い勝手を犠牲にすれば、使用には耐えられるかな、という感じ。通貨選択Windowは、表示通貨数が少ないので、使い勝手が大幅ダウンです・・・この点、結構気になります。。。

 前回メモ、EasyWineのインストールはこちらをどうぞ。

MacBook12にMT4、EasyWineでWindows版と同じ動作期待!!

 

 今回は、Windowsで使用してる『OANDAのMT4』のデモ版を選択しました。

試行開始までの手順は、こんな感じ。

  1. OANDA fx Trade Practiceの口座口座取得
  2. MT4デモ口座作成
  3. MT4ダウンロード
  4. MT4インストール
  5. MT4ログイン、試行開始

OANDAでは、まず、OANDAの口座を取得しなければなりませんので、少し面倒かも。。。

他のFX会社で、セットアッププログラムを入手できる方、もしくは入手可能な方は、そちらのセットアッププログラムの使用が楽かも ^^

他のセットアッププログラムを入手されてる方は、4番目のMT4インストールへ飛んでください。参考になればいいのですが・・・自分の備忘録も兼ねているのでご容赦ください。

OANDA口座取得

 OANDAのサイトを検索。

oanda_mt4

 

こちらへ飛びます。

oanda_mt4

デモ口座開設を選択。

 

oanda_mt4

oanda_mt4

こんな感じで情報入力画面が出てきますので、必要事項をチェック、記入します。

 

すると最下段のオレンジ色の未入力の云々・・・が、緑色のデモ口座ID云々に変わります。

oanda_mt4

デモ口座ID(fx TradePractice)を発行する、を選択。

 

oanda_mt4

これで、無料デモ口座の開設が終了。

 

メールを確認すると、

oanda_mt4

こんな感じで、fxTradePracticeのログイン情報が届いていました。

MT4デモ口座作成

 上記、無料デモ口座開設フォームの枠内、デモログインへを選択。

oanda_mt4

メールで届いたログイン情報を入力し、ログインを選択。

 

oanda_mt4

右下方のMT4アカウントの作成を選択。

 

oanda_mt4

アカウント名とパスワードを決め、入力し、続けるを選択。

 

oanda_mt4

同意する、を選択。

 

oanda_mt4

まだダウンロードしていないのですが・・・

この中のこちらをクリックし、ダウンロードを・・・って指示に従い、MT4をダウンロードしてもいいです。

この時点で、MT4のログイン情報がメールで届いていますので、そちらからダウンロードしてもいいです。

届いているメールはこれ。

oanda_mt4

MT4ダウンロード

 届いたメールからダウンロードするとダウンロードフォルダにセットアッププログラムが。

oanda_mt4

MT4インストール

 前画面で、Finderで開くをクリック・・・

oanda_mt4

command+nで、もうひとつFinderを開き、アプリケーションフォルダをオープン。

oanda_mt4

oanda4setup.exeをEasyWineのアイコン上へドラッグすると、、、

(セットアッププログラムをすでに持っている場合、そのセットアッププログラムをEasyWine Appアイコンへドラッグすればいいです。)

oanda_mt4

次へ。。。

勝手にブラウザが開き、宣伝ページへ飛びます。

oanda_mt4

ここは、読みたい方は読んで、不必要な方は、ブラウザを閉じればいいです。

少し待っていると、、、

oanda_mt4

メールで届いていた、アドレスを選択(OANDA-Japan Practice)を選択し、次へ。

oanda_mt4

既存のアカウントを選択します。

メールで届いていた、ログイン情報(ログインとパスワード)を入力します。

パスワードを保存にチェックをし、完了を選択。

MT4ログイン、試行開始

 以上の処理がうまくいってたら、MT4のwindowがオープンします。

oanda_mt4

右最下段の数値が表示されていると正常に接続されています。

ここが『回線不通』って表示されていたら、サーバーに接続できていないので、チャートが更新されません。

メールで届いたMT4のログイン情報を再度確認し、既存のアカウント入力画面で入力し直してください。

この画面を表示するには、MT4のメニューバーで、ファイル⇨デモ口座の申請、って進むと現れます。

動作確認

 早速、文字化けチェック。

XM、MT4で文字化けしていたwindowを表示。

easywine_mt4

文字化けしない、やったー!! とうれしかったのですが・・・

使用している内に、使い勝手が悪い処理に遭遇。

インジーケータや気配値表示window、フロートにすると正常に動作しない。表示上の問題なので、異常な取引をしてしまう、ということではありません。

取引上は問題ないようなのですが・・・

最初に表示したのと同じ画像で恐縮ですが、こんな感じになります。

easywine_mt4_navi

下に伸びるのは、window枠だけなので、選択する情報の表示量が極端に少ないです。

なので、探すの面倒・・・

EasyWine上のMT4の通常起動

 ここまでの手順でMT4をインストールした場合、起動方法は次のようになります。

EasyWineエクスプローラー起動。Launchpadから、次のアイコンをクリック。

EasyWine

easywine_exp

マイコンピュータ ⇨ Cドライブ ⇨ Program Files と順に選択。

easywine_mt4

 OANDA – MataTraderを選択。

easywine_mt4

ここで、terminal.exeをダブルクリックするとMT4が起動します。

結構、面倒です。

XM、MT4の文字化け情報

 今、利用している、XMのMT4における、日本語設定での文字化け状況例。

macbook12_mt4_j

全くわかりませんね。。。

EasyWine上のMT4で同じwindowを表示すると、

easywine_mt4

文字化けはなくなりました。

 

 XMのMT4では、言語を英語に設定すると、こんな感じ。ご参考。

macbook_mt4_e

 今でもWindowsのMT4を使用していますので、英語モードでもなんとなく使用できます。まだ数ヶ月の使用ですが、特に困ったことなどはありません。

XMは、口座を持っているし、ハイレバレッジのメリットが私にはとても大きいです。

なので、このまま英語モードで使用していきます。

 じゃあ、なぜEasyWineでMT4を・・・って指摘されそう・・・

これはもう安心感の違いですね。日本語だとミスが減りそうですよね。

それからMT4の複数同時稼働や別のWindowsアプリを動作させたいという意図もあります。^_^

現時点での思い

 さて、今回Macbook12でWindows版MT4と同じように使用したい、ということで進めてきました。

結局、フロートウィンドウの使い勝手の悪さから、EasyWine上のMT4は使用頻度が少ないです。

また、EasyWineにMT4をインストールしただけでは、アイコンクリックで起動ってできないのも不便。

この件、解決方法の紹介も載っていました。紹介先は、前の記事を参照してください。

 紹介されてたアプリは、muCommanderです。試行したことは、次の記事で紹介させて頂きます。

 

EasyWineのイストール記事はこちら。

MacBook12にMT4、EasyWineでWindows版と同じ動作期待!!

XMのページはこちらです。興味ある方はぜひどうぞ ^_^

 

コメント