藤田寛之、シングルへの道第2章、飛ぶドライバーショット!!

藤田寛之_シングルへの道第2章

 3年前のNHKテレビテキスト、趣味Do楽「藤田寛之シングルへの道」を読み返しています。今回は第2章、飛ぶドライバーショットを考えよう、編。ボールを打つ前のルーティンについて教えてくれます。

まず、グリップ

 グリップのつくりかたが写真と文章でわかりやすく書かれていました。腕とクラブが一体化し、しなやかに動くように・・・握るとしなやかに動かなくなる・・・なんとなく理解できるような・・・

チーム芹澤で学ぶゴルフでは、代表的な3タイプのグリップが紹介されていました。その中で自分に合う、フィーリングの良いグリップを探すということでした。

両者のいいとこ取りができればいいのではないかと、勝手に考えています。

Golf

アドレス

 これは覚えていませんでした。初耳のような感じです。ボール位置は打つ球筋によって、体の中央から左足の土踏まずの間と広範囲。(右利きの場合)

この範囲で柔軟に対応しましょう、って??? 後の章でより詳しい話が出てくるかも。なので、わからないながら読み進みました。

 飛ばすには下半身の速い回転が必要です。速い回転をさせるためのつま先の位置はこう、って説明がありますが、私はその通りになっていましたので、気にせず読み飛ばし ^^

あっ、体重が股関節に乗るって箇所、適当に?ぶん回している私には、参考になりました。

アドレスのルーティン

 ティグラウンドでアドレスに入るまでのルーティン。これって特に気にしていなかったのですが、ラグビーの五郎丸選手でルーティンが一躍有名になりましたね。

藤田プロ、アドレスに入るまでのルーティンを一定にするとスイングリズムが良くなる、とのこと。ご本人のルーティン、連続写真での説明が載っています。

Nice Shot

これは人それぞれなので、自分でルーティンを決めて、やってみないことにはそのルーティンが自分に合うか合わないか、わからないですね。スイングが安定していない自分には、まだ気にしなくてもいいかな、とは思いました。でも、上達に役立ちそうなことは、少しでも実践していこうと思います。

まずは、ゴルフ選手権に出場しているいろいろな選手のルーティンを見てみよう。特に体格の近い選手に注目です。^^

飛ばしのドリル

 章の最後に飛ばしのドリルが載ってます。重いボールを使った上体の力み取りと、グニャグニャホースのついた練習器具でヘッドスピードを上げる方法が載ってます。

チーム芹澤に学ぶゴルフでも、こちらと同じくグニャグニャホースと同じ考え、トルネードスティックを使ったビュンビュン素振りってのがありました。

ゴルフ、ナイスショット

 今、ショートアイアンでのビュンビュン素振り(チーム芹澤に学ぶゴルフ)とスイングセッターの素振りをやってます。この二つ、しばらく続けてみよう ^^

この章で、実践を決めたこと

 ティグラウンドで、アドレスに入るまでのルーティン。

ルーティン・・・そういえば、上手な方は、みなさん同じルーティンでドライバー打ってるような・・・

これは、実践で使ってみようと思います。

コメント