マイナンバー、バイキングで放映!知らないと損する5大ポイント???

マイナンバー活用

 今日10/9のバイキングで、国家一大プロジェクト「マイナンバー」って放映されていましたね。なんか、知らないと損する5大ポイントとか・・・???

なんだろう?

 

 得する5大ポイントは、マイナポータルが使えることが大前提ですね。マイナポータルは、ネット上の自分専用のサイトとのこと。このサイトの中でマイナンバーの使用履歴とかも管理できるようになるんでしょうね。

 さて、このマイナポータル、パソコンが使えない高齢者の方々とか、どうするんだろう?

210054

スマホ対応も検討中、とか。これもパソコンと同じですよね。使えない方は使えない。この部分、また詐欺が・・・と、思うのは私だけでしょうか?

やってあげる、教えてあげる、とか、で、マイナンバー知られて悪用、もしくは教えてる最中に振込みとか・・・

とても怖いですね。知らない人の優しい言葉には要注意ですよ!!!

 

 では、放映されてた、得する5大ポイントです。

 

マイナンバーで消費税が戻ってくる

 現在、検討中。来春、消費税10%化がスタートします。でも、食品課税は8%。この差分2%分をポイント化しておき、2%分に相当する金額を返金してくれる、ことを検討中ですと。年間上限4,000円、もう少し還元してくれてもいいんじゃない?。

 これって、レジでマイナンバー提示、もしくはクレジットカードのように読み取りが必要なので、セキュリティー面の怖さや設備改造か追加の経費が発生します。食品価格に上乗せされたら、元も子もないように思いますが・・・果たして・・・???

還元を考えるよりも、最初から食品は課税8%で支払わせて頂ければいいんじゃないですか?

引越しがスムーズで楽ちん

 マイナポータルで住所変更すれば、生活に必要な変更が一度で終了。公共料金(ガス・電気・水道)・免許・保険etc.全て連動していて、住所変更などの変更手続きが一度でOK。

これって、電気供給会社やガス会社が1社しかなければ簡単ですが・・・

でも、複数社から選択可能となれば、価格競争で安くなるかも、ね。

引越し回数が多い人には便利でしょう。持ち家の私にはメリットありません。今後、何か楽になることが出てくるかも知れないので、期待はしていますが。

給付金のお知らせが自動的に来る

 マイナポータル上で把握できるようになるとのこと。厚生労働省、財務省、地方自治体、etc. 個人に適した給付金のお知らせが届くので、知らなくて損することはなくなる、ですって。何があるのか知らない私のような人間には、いいサービスかも ^^

子供の予防接種の履歴が残る

 引越しなど、やむなく別の病院に移らなければならなくなっても、行く先々の病院で子供の予防接種の履歴が把握できるため、予防接種忘れはなくなります、とのこと。まさか、重複接種させる親はいないと思いますが・・・

メタボ検診も同様に管理される、とのこと。

これって、カルテの一元管理で全疾病に対応できるんじゃないですか? そうすればいいように感じるのですが・・・

災害支援金がすぐもらえる

 マイナンバーで被災者の人物特定がすぐできます。なので、行政機関のたらい回しが減り、支援などの対応が早くなる、とのこと。

担当者が怠慢だったら、いくらシステムが良くなっても実際の動きは改善されないでしょうから、担当者が迅速的確に動いてくれることを期待します。

 

 以上、いずれにしても、マイナンバーカードは個人でしっかり管理しておかないといけないですね。マイナンバーとパスワードが盗まれると人生変わってしまうぐらいの影響を受けるかも知れないです。

同居してる親の世話はできるけど、離れてる親の世話は難しいですね。今のところは、マイポータル、使えるようになってもらうしかないですね。いいシステムができることを期待します。

 

コメント