手打そば、時屋、十割そば食べにオープンカーでドライブ!!

手打そば時屋、10割そば

 30年来の友人と約束してた、『時屋へ行こう』、、、昨日10/17、彼のオープンカーで行ってきました。

時屋、有名な十割蕎麦のお店です。高知と愛媛の県境近くにあり、高知市からだと1時間と少しで行けます。ドライブ好きの方には、ドライブと食を楽しめるいいコースだと思います。

アプローチ

 こんな感じの看板があります。

手打そば時屋、案内板

少し進むと、、、

手打そば時屋、アプローチ

時屋さんの屋根が見えます。

案内看板から数分で、入口に着きます。2~3組のお客様がおいでて、順番待ち用紙へ名前書いて、近くの渓流へ・・・ここは昔『おこぜバンガロー』という宿泊施設がありました。私も子供が小さいころにバンガロー1泊しました。

そのバンガロー、少々朽ちておりましたが、まだ面影は残っていました。オーナー手作りの岩風呂は、建物らしきものが残る程度で、面影といえるようなものはなくなっていました。

食べたおそば

手打そば時屋、お品書き

 天ぷらもりそば、をオーダー!!

きた、きた~ まずは、小鉢

手打そば時屋、小鉢

煮物ですね~ 美味しいです。

次、、、

手打そば時屋、天ぷら

天ぷら、、、これも美味しい。。。

友人、きのこがダメみたいで、『これ取ってくれ』と。なんで、こんなに美味いもの食べれんのか不思議なんですが、幼少のころ、シイタケ食べ過ぎた、とか言ってた ^^

ふむふむ ^_-

次、、、

手打そば時屋、薬味手打そば時屋、10割そば

ついに来た、十割そば、、、

なんか薬味少なくね? 練りワサビじゃない本ワサビもないし・・・と個人的感想。。。

食べはじめてすぐ、この意味がわかりました、と思います・・・

まず、十割そばだけを食べてみました。う~ん・・・香りが少ないような・・・たぶん時期的に少し早かったのかもね。タスマニアのそばを使用しているとは思えないし。

紅葉も2週間ぐらい先、とのこと。この紅葉の素晴らしい時期に来ると今のよりもっともっとそばの香りがいいのを食べれるかも、と密かに考えてたりして・・・

 タレ、濃い目のようで、結局、ダイコンとワサビで味を壊してほしくないのだろうな、と感じました。本当のところはわかりませんが ^^

ワサビとそばの香りを一度に楽しみたい方は、少し残念って感じでしょうか。また、ダイコンおろしの好きな方にも同様の感じが・・・

十割そばなんだから、純粋にそばの香りを楽しむべきなんでしょう ^^

 少し残念だったのは、そばの下にザルがなかったこと。早く食べてください、と店員さんに促され、早く食べたつもりですが、最後の方、そばが水に浸かってました。これは個人個人の感覚でご判断を・・・ ^^

 そばを楽しむことと運転を楽しむこと、また、せせらぎ、景観、ゆっくりとした時間を楽しむ、これらを望む方にはすっごくいいと思いますよ。

 あっそうそう、外席には要注意ですよ。私は爆弾落とされました。真上にこやつがいる。いい色してるし、可愛いのですが・・・

手打そば時屋、爆弾落とし鳥

iPhoneと手に落下・・・だから良かったですね。そば直撃だったら・・・

結局、中の部屋に移動させて頂きました。外席、爆弾狙い撃ちされた席は、こんな感じ。

手打そば時屋、青空テーブル

いい感じでしょ ^^ 風、とても心地よかったです。

すぐ近くの景観

 待ち時間の間に、すぐ下の渓流に下りてみました。いいですね~ なんか癒されました。

iPhone撮影の写真をご紹介。

手打そば時屋、仁淀ブルー

仁淀ブルー? きれいですね。せせらぎの音もいい。音は、後ろの方の動画見て~

手打そば時屋、渓流

吊り橋、いかがです。でも、渡れないのですが・・・

手打そば時屋、仁淀ブルー

手打そば時屋、渓流

手打そば時屋、吊り橋

空も見て。。。

手打そば時屋

手打そば時屋

こちらは、おこぜバンガローがあったところです。

 

 ひょっと、癒しにつながれば・・・と初めてiPhone5Sで動画を作成。Youtubeにも初めてアップしてみました。

試しに見ていただければ嬉しいです ^^

友人のオープンカー

 運転好きの方には、ものすごく評判のいい車、ユーノスロードスター。彼、つつくの大好きみたいで、ハード屋根は電動開閉、音はスポーツモード、ハンドルはナルディ?(自信なし)、シートはレカロ。

手打そば時屋ドライブカー

 このシート、レカロなんですが、なんと、座ってて楽ですね。レカロ初体験なのですが、カーブで踏ん張らなくてもいいし、ゆったり座ってたらいいだけなので、楽ちん楽ちん^^

運転させてくれました。まぁ楽しいこと。音いいし、アクセル、ステアリングの反応、すっげ~いいし。。。

青空の下、ほのかに感じる初秋の風、+ ドライビング感性 = とてもとても楽しい!!!

ひとりでどこまでも走ってしまう、という感覚、なんとなくわかるような ^^

子供たちが独り立ちし、夫婦二人なら、オープンカーでの旅も悪くないかなぁ

プリウス+ユーノス or ボクスター、なんかいいな ^^

 

最後に、時屋までのMAP。。。

手打そば時屋、map

拡大して見てくださいね ^^

スポンサーリンク
湖 畔 タ イ ム

コメント