パターグリップ交換|Super Stroke → Golf Pride!

パターグリップ交換

 久しぶりにパターのグリップを交換しました。Super Strokeから一般的なGolf Pride のグリップに交換。少し太めで太さが変わらない Super Stroke 、気に入ってたのですが、汚れが目立ってきていましたし、このパターに購入時に装着されてたグリップ形状に近い Golf Pride のパターグリップをもう一度試してみたくなって購入。

 冒頭写真は、Super Stroke グリップをカッターで切って外したところです。普通のカッターでもグリップ自体は切れますが、シャフトに傷が入るかもしれないので、画像のようなカッターを購入しています。

スポンサーリンク

準備した資材他

パターグリップ交換

 左から、

  • Aベンジン
  • グリップ交換溶液:スプレー式
  • 両面テープ
  • グリップカッター

 Aベンジンは、グリップ交換溶液としても使用可能ですが、そのまま液体なので、受け皿が必要となります。この受け皿の準備と余剰液の処理が面倒なので、シャフトに残った粘着物を取るのに活用しています。

グリップ交換の利便性といいますか、取り扱い性といいますか、コストはアップしますが、液体よりスプレー式がいいです。

グリップ交換前と後

交換前

パターグリップ交換

交換後

パターグリップ交換

 今度は、右手と左手で持つ部分の太さが異なります。また、断面形状にも差があり、硬さも違います。

実際に使ってみて感覚がどう変わるかとても楽しみです。すぐに Super Stroke に変えるかもしれないですが・・・

フィーリングに影響ないかもしれませんが、ヒマなので、測定しました。

  • Super Stroke:71.3g
  • Golf Pride プロスコア:66.7g
  長さ 重さ バランス
Super Stroke 35.0インチ 504.3g D5
Golf Pride 35.0インチ 501.0g D 4

 グリップ単体重量と少し誤差ありますが、両面テープ分かな、と。
役立つかどうか?なんですが、とりあえず記録に残しときます。

スポンサーリンク
ゴルフ
スポンサーリンク
湖 畔 タ イ ム

コメント