Check Go Proとゴルフボールマーカーでしっかりマーキング!

ゴルフボール、マーク

 Check Go Pro でライン引きすると、高速回転中に引くので、ラインは破線になってしまいます。で、以前から気になってた『ボールマーカー』を買って、マーキングしてみました。より、狙いが定めやすくなったように思うのですが・・・

実際のコースで効果があるかどうかは・・・これから ^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Check Go Pro での水平ライン引き

 Check Go Proへ底上げシートCheck Go Pro重心ライン上書き

 Check Go Proでは、こんな感じで、本体底面にボールをセットして引きます。(過去記事

もう少し、きれいに引きたいのと、引いたラインと直角方向にもラインが引ければ、より目標に合わせたセットアップができそうだ、と感じていました。

で、ボールにラインを引く補助器具をamazonでサーチ。

買ったマーカーでライン引き清書

 購入したのは、アートライン ゴルフマスター マーカー AS-220

画像が消えてたら、商品がなくなってる状態です。

 もっと低価格のマーカーもありましたが、送料とか考慮するとあまりかわらなくなるし・・・

買ったマーカーを使って、ラインを清書?してる過程がこれ、

ゴルフ、ラインマーカー

マーカーを外すと、こんな感じ。

ゴルフボール、マーク

元から印刷されてる、ターゲットラインとのズレ、結構あります。気にならないか、といえば、気になるような・・・集中、集中、と。。。

結局のところ

 ボールの重心のズレがボールの転がりに及ぼす影響とパターの芯でしっかりとボールを打つのと、どっちが影響が大きいのか、はたまた両方か・・・

芝目もありますし・・・

パットが上手くなるカップでの練習(過去記事)でも、ラインがあれば確かに狙いやすくなります。入りやすくなってるかも、と思える場面も多々。

でも、パターの芯でとらえたボールもカップに向かって真っ直ぐ転がってるような・・・重心ライン引いていなくてもカップに入ったりしてるような・・・

 本コースでのパット数が減ってるので、練習の効果は出てると思います。が、今の自分の実力では、Check Go Proだけの効果とは言い切れません。

結局のところ、パットには十分な練習からくる自信を持つことが大事なことのように感じます。

もちろん、真っ直ぐ転がるのに影響を及ぼす要素は、できるだけ排除しておくに越したことはありません。

 ボールに最初から引いてあるターゲットラインとCheck Go Proで引く重心ライン、このズレの影響がどの程度出るか微妙。

まだまだ、いろいろ試行錯誤が必要です。楽しみながら上達できればいいな、って思ってます。

 買ったゴルフボールマーカーは、これ ^^ と言いたいのですが、商品単体だとリンク切れするかも知れないので、検索結果を表示するようにしてます。興味ある方はどうぞ ^^

ゴルフボールマーカー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク