赤しそジュース作りました。赤紫蘇+きび砂糖+クエン酸!!

赤しそジュース

 家族からの要望で、今年も赤しそジュースを作りました。グラスはビールのおまけ、氷は冷蔵庫の。ワイングラスと透明氷にしたら、もっともっときれいでおいしそうだろうなぁ ^^

もちろん味は自分好みに調整してます。^^

今回はいつも通りに作成したら、赤しそが118g余りました。『もったいないき、これもジュースにして』の一言で赤しそ濃度の薄い赤しそジュースも作りました。

材 料

赤紫蘇

ほとんど適当なのですが・・・

  • 赤紫蘇の葉:およそ300g
  • 水:およそ1800cc、これ適当。全体で2000cc程度になるかな、と・・・
  • きび砂糖:およそ500g、上下10g程度は憂慮^_^
  • クエン酸:およそ20g

赤紫蘇は、レンタル畑にたくさん生えてるんです・・・自分でも100均の種をまいたのですが、種まき赤紫蘇よりも前から自然に生えてくる赤紫蘇が多いです。

水は、赤紫蘇を軽く洗い、ザルでこした後に赤紫蘇に200ccほど残るかな、と

きび砂糖はこれ

きび砂糖

クエン酸

クエン酸

作り方

 

1.赤紫蘇を軽く洗い、ザルにとります

赤紫蘇ジュース

 赤紫蘇は、細い茎も含めて赤い部分を適当にハサミでカット。大きな緑色の茎だけは必ずのけるようにしました。

 

2.鍋に水を入れて沸かし、1.の赤紫蘇を投入

赤紫蘇ジュース

  • 昆布のように、投入した瞬間に緑色に変化していきます。
  • 投入時には赤紫蘇すべてがお湯につかりません。
  • おはしで赤紫蘇を沈め、全体的に赤色が抜けて緑色になるまで煮ます。

赤紫蘇ジュース

 

 

3.ざるでこします。

赤紫蘇ジュース

目の小さな布でこすといいかも知れないですが、我が家ではステンレスのざるでこしてます。

残った残渣はこんな感じ

赤紫蘇ジュース

これはゴミ箱へ・・・

4.温かいうちにきび砂糖を入れ、軽く混ぜて溶かします

5.そのまま2~3時間放置。50℃より下に下がるまで待って、クエン酸を溶かします。

6.準備してた容器に鍋から移して終了。あとは冷蔵庫で保管です。

赤紫蘇ジュース

 これで、いい色の赤しそジュース完成です。薄めに作ったのは右側。こころなしか少し赤色が薄いような・・・

赤しそジュースを飲む

赤しそジュース

 自分好みに冷たい水で薄めて飲むのが一番です。

炭酸水、焼酎、ウイスキー、ウォッカ、等々、試してみましたが、水が一番です。

氷を入れて ^^ ^_^

余った赤紫蘇で作ったジュースの配合

 余った118gの赤紫蘇も同じくジュースに。配合はこんな感じ。。。

  • 赤紫蘇:118g
  • 水:およそ900cc
  • きび砂糖:およそ250g
  • クエン酸:10g

砂糖は、対水分25%を目安にしてます。

 いつもの濃度のと比べると・・・あはは、ほぼ変わらん・・・結局、赤紫蘇の味?香り?よりも砂糖の甘さが前に出てくるって感じでしょうか。

赤紫蘇の効能はたくさんあるようです。詳細は別サイトを参照してください。

で、葉の抽出濃度が濃いほど各栄養素の濃度も濃くなると思います。(上限はあるでしょうけど)。

なので、栄養素の含有量は、赤紫蘇300g/水2000cc抽出液>赤紫蘇118g/水1000ccですね。実際に測定できないのでほんとのところは不明なのですが・・・

 

 しかし、対水25%の砂糖は多いかなぁ・・・100ccあたり2.5g・・・きび砂糖だからいいか。

コメント