ちょっとそこまで旅してみよう|スローライフにいいかも!

ちょっとそこまで旅してみよう

 ちょっとそこまで旅してみよう、って題に惹かれて読んでみました。著者は初めて知る方、益田ミリさん。

昨日まで知らなかった世界を、今日のわたしは知っている、で始まります。

著者が経験した旅、著者ならでは言い回しで表現されています。その言い回しが私にはスゥーと入ってきて、楽しく読むことができました。

ときおり見えるセンチメンタルな面もいいですね。

イラスト、温泉

 ひとり旅や大切な方との旅の行き先が、この本の目次に載ってたら、出発前に読むと女性視点での食・観光・土産について情報が得られます。人によっては役に立つ情報だと思います。もちろん、執筆時点との時間差は考慮しなくてはなりませんが。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

書籍情報

amazon

  • 書籍名:ちょっとそこまで旅してみよう
  • 著 者:益田ミリ
  • 発行所:株式会社幻冬社
  • 価 格:460円(税別)
  • 初 版:2017年4月15日

目 次

  1. 石川 金沢
  2. 秋田 五能線
  3. 青森 弘前
  4. 東京 深大寺
  5. 東京 八丈島
  6. 宮城 白石
  7. 宮城 鳴子温泉
  8. 京都
  9. フィンランド
  10. スウェーデン
  11. 福井
  12. 京都
  13. 兵庫 宝塚
  14. 鹿児島
  15. 東京スカイツリー
  16. 神奈川茅ヶ崎・江の島
  17. ヘルシンキ
  18. 奈良
  19. 山口 萩

 おまけ:文庫おまけ旅

気になる食べもの

 この本、ひとり旅、彼との二人旅、母との二人旅、旅の状況がいろいろと伝わってきますが、私は特に興味津々だったのが食べもの。その土地ならでは食べものは食べたい。

著者が名前がわからないスウィーツも出てきましたが、これは行って探すのが楽しそうです。

  • 弘前:嶽(ダケ)きみ天ぷら
  • 鳴子温泉:栗だんご
  • スウェーデン:デパ地下ショーウィンドゥ、もりもり盛り上がった山形スウィーツ
  • 福井:ソースカツ丼
  • 鹿児島:両棒餅(ジャンボモチ)
  • 茅ヶ崎:天豆のすり流し
  • 小倉:資(スケ)さんうどん、ゴボ天うどん

イラスト、乾杯

その他

 旅先で、特に行きたくなったのが、鹿児島の「千本楠」。楠にフクロウが見えるんですと。アフラックのコマーシャル撮影現場ってのも気になります。

イラスト、スロートレッキング

 著者が途中でポロっと、、、

『いつでも行ける場所であっても、次回も同じ旅ができるわけではない。』って・・・その通りだと思います。

 著者がいちばん読者に伝えたかった旅先は、『ヘルシンキ』でしょうか。他は、10ページぐらいなんですが、ヘルシンキは35ページにわたって書いています。もっとも思い出深い旅先だったかもしれません。

どの旅先も著者が移動している情景が浮かんできますので、自分の移動と重ね合わせて楽しめるかも、です。^^

イラスト、一杯

 この本、興味ある方は、こちらでどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク