藤田寛之、シングルへの道1、パワーフェード!!

藤田寛之_シングルへの道01

 藤田寛之シングルへの道、第1回、目指そう!まずは自信が持てる球筋。藤田プロの持ち球は、パワーフェード。そのパワーフェードのスキルを解説してもらいながら、その人にとって持ち球はとは何かを考える編です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

パワーフェードを選んだ理由

 体のパワーをフルに使うスイングだから飛ぶ。方向性が良く飛距離がでることが選択理由。スライスとの差の説明があり、理屈は理解できます。

パワーフェードは見せかけドローより平均飛距離は上! とのこと。ドローは飛距離が出ても極端に曲がったりしてコースでは危険性が大。

パワーフェードは体の水平回転中心のスイング。軌道が安定していてミスショットも少ない。

なるほど、安定して飛距離が出せることは理解できました。テキストでは、連続写真で説明があり、頭では理解しやすいと思います。

でも、自分の球がパワーフェードなのか、普通のフェードなのか、判断はどこでするのでしょう?

飛距離が出たらパワーフェードなのかな???

250225

パワーフェードをつくるスイング

 まず、腰を水平に回すこと。これは「チーム芹澤に学ぶゴルフ、レベルシング」と同じ考え方です。腰を水平に回転させれば体の上下動が起こらず、スイング軌道が狂わない。

連続写真付きで説明がありますので、わかりやすいです。

 次に左脇と手首の角度について説明があります。手と上体が一体化したスイングになるコツのようなことが説明されています。

これも頭では理解できますが、実際のスイングでできてるかどうか・・・自分では判断できないような気がします。やはり、ビデオ撮影ですか・・・

それとも、どこかで見た自転車のチューブで縛ってスイングしてみようかなぁ。

 トップでの間、下半身主導スイング。藤田プロは、間を作ろうとしているのではなく、結果として間ができてるように見えるんだってことを強調されてます。

下半身主導スイング、その習得方法についても記載がありました。

ゴルフ、ナイスショット

スイングの原点

 インパクトでボールをスクェアにとらえるようになるために、ショートアイアンでの30ヤードアプローチの練習をすすめています。チーム芹澤に学ぶゴルフでですと、7番アイアンのスリークォータショットでしょうか。

両者つながるところがあり、SWかPWでの30ヤードショットも練習に加えてみようっと。^^

ボディターン、そして、自分で心地よいスイングリズムでショット。ムムッ!

30ヤードアプローチの延長線上にドライバーショットがある、と。

とりあえず、チーム芹澤に学ぶゴルフで、得た4つの練習にSWやPWの30ヤードショットを加えてみよう。

その内、自分なりの練習方法が決まってくるでしょう ^^

 さて、テキスト探すの面倒な方は、こちらからどうぞ。

藤田寛之 シングルへの道 (趣味Do楽)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク