スイングセッター(ゴルフ練習用具)のマニュアル発見!!

スイングセッターマニュアル

 なんと買った当時しか見てなかったスイングセッター(過去記事)のマニュアルがほっこり出てきました。家内が突然始めた、しばらく見ていなかった電話台の下の書類の中に埋もれていたようで、「これいるが?」と。。。

何年経過しているかわからないのですが、表紙のテープは変色していました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今の練習はマニュアル通り?

 このマニュアル、当時はスイングセッターのことを「正しいゴルフスイングを作り上げる革新的な練習用具」と表現しています。ふ~ん ^^

あらためて読み直してみました。

今、振ってる練習方法は、マニュアル記載通りだったので、ひとますホッと安心。でも、紹介されてる練習方法のごく一部だけでした。他にも練習方法(後記)が記載されていました。また、一連のトレーニング・プログラムも紹介されていました。なのに、なぜ印象に残っていなかったのでしょう。。。

多分、当時はやみくもに飛ばすことだけ考え、早く振ることに集中してたから、あんまり効果なしと独断と偏見で結論付けたんでしょう。で、そのまま放置してたから、まともに読んでいなかったんだろうなぁ ^^ 

ブンブン力任せスイングは、飛ぶときは飛びますが、OB出たり、とても不安定。腰は痛めるし・・・結局は、遠回りしていますね。-_-;;

Golf、フォアー

 さてさて、マニュアルの概要は・・・

練習上、集中点

  • 集中するポイントを持つ
    • 地面、または床、実際のボール位置にコインかボールを置く。
  • スムーズにバックスイングする
    • バックスイング途中の左腕の位置で上のボールが衝突する目盛を見つける。このときプレーンポインターが指す場所に注意。

プレーンポインターは、故障・・・

注意点として、

  • 設定値を無理に上げない
  • 高すぎる設定で練習を開始しない
  • バックスイング時、ボールの衝突が遅れてはいけない
  • ダウンスイングの初期でボールが衝突してはいけない

フムフム・・・かすかに思い出してきました。設定値が高いほどスイングスピードが必要。なので、高設定値ほど飛距離が出る、、、とても短絡的です。このように考えて振りまくったものだから、いい結果につながらず、これは使えん、と判断して放置、ってパターンが思い浮かびます。

スイングセッター、全体像

スイングセッター

スイングセッター抵抗値のガイドライン

 購入当初は、多分、下の2つを参考にしたんだろうなぁ・・・

スイングセッター、抵抗レベル設定

今、上2、下4.5で軽く振れるようになってきました。6月から再スタートなので、4~5ヶ月経過ってとこでしょうか ^^

スイングセッターのドリル

 DVDが同封されていたらしい。ない・・・残念。

姿勢、回転、グリップについて説明があり、ベースボールスイングの手順と結果、スローモーションでスイングの形を認識する手順と結果がどうこう、とあります。

スローモーションで・・・では、連続写真で説明があり、わかりやすいです。

最初は、ゆっくりが基本みたいです。

ここまでがウォーミングアップですと。。。

スイングセッター、ドリル

  1. スタート・フォワード/テークバック
  2. L字型からL字型への動作
  3. 三角形の伸張
  4. 目を閉じたスイング
  5. 実際のスイング

まいったなぁ きちんと上達しそうなことをきちんと説明してくれてるじゃないですか。いかに購入当初は初心者だったかがわかります。

調和のとれた、繰り返すことのできるスイングを筋肉に記憶させる、とても大事ですね。

今更・・・とは思いますが、とりあえず1回は試してみよう。

LOVE GOLF

スイングセッター、トレーニング・プログラム

 なんと・・・少なくとも週に2回やりなさい、と。

  • 通常(約6分間)
    • ウォームアップ
    • ドリル1
    • ドリル2
    • ドイル3
    • ドリル4
    • ドリル5
  • 短縮練習(約2分間)
    • ベースボールスイング
    • ドリル1
    • ドリル5

それぞれ、推奨される回数と休憩時間が記載されています。なんとまぁ、感心するばかり、同時に何をしていたんだろう、、、と反省。。。

あと、最後にハンディキャップの少ない上級者向けのドリルについても紹介がありました。

 このスイングセッター、アマゾンも楽天も売り切れが多いですね。購入したい方は、思いついたらその都度リサーチってことになるでしょうか。。。