SEO内部対策本格講座でSEOの内部外部両面の対策が学べる

SEO内部対策本格講座

 最新版、3月に出版されたばかりの本『これからのSEO内部対策本格講座』、最新のSEO対策を学ぶため一読、ではなくて3読 ^^

なるほど、と理解できるものの、実際の効果については、今のところ自分ではわからない状態です。

この記事以降、SEO内部対策本格講座で記載されていることを実行してみます。

SEO内部対策本格講座ってどんな本?

 著者は、実際にSEO対策サイト構築業務に数年間携って来られた方で、SEO対策の内部、外部についてのノウハウが効率よく学べる本です。

狙ったキーワードでいかに上位表示させるか、サイト構築現場で実際に成果を上げてきた方法とのことです。

イラスト

 検索エンジンGoogleに狙い通りに理解させ、上位表示させる。そのために必要な内部対策、外部対策について学べます。

ネットでリサーチして学ぶより、効率よく学べます。最新情報は、SEO対策を一通り学んでから部分的にネット情報を得ればいいですね。^_^

書籍情報

  • 書籍名:これからのSEO内部対策本格講座
  • 著 者:瀧内 賢氏
  • 発行所:株式会社 秀和システム
  • 価 格:1,800円(税別)

SEO内部対策本格講座Map

 自己満足Mapを作成してみました。第1章から第3章までなんですが、内容充実していますので、Map化が楽しかったです。

SEO内部対策本格講座マインドマップ

あと、第4章以降もMap化していますが割愛。^^

読んで自分なりにまとめてみるとおもしろいと思います。楽しんでください。

目 次

第1章 SEO対策の現状はどうなっているのか?

第2章 SEO内部対策の基盤構築:細胞や組織を活性化させる

第3章 SEO内部対策の応用・発展:器官にメスを入れる

第4章 SEO内部対策の全体・総合:体全体のバランスを整える

第5章 SEO外部対策の現状はどうなっているのか?

第6章 内部対策を更に活かすための外部対策の手順

付 録

  • Appendix 1 スマートフォン用サイトにおける制御
  • Appendix 2 AMPについて
  • Appendix 3 SEOに役立つツールの紹介

SEO内部対策本格講座を読んでみて

 さすが、実際に数百社のサイトを構築してきた方だ、と感じます。また、読者が読みやすく理解しやすいことを考えておられるなぁ、といろんなところで感じます。

同じ本を繰り返し読むのは、『いい本だ、学ぶぞ』と感じているときです。このSEO内部対策本格講座、3回読みました。

いまも『あれはどうだったっけ?』と思うとページ探して読み込んでいます。

 ひとつ気になる点が・・・SEO内部対策本格講座では、タイトルとh1は違うキーワードを、と。ネットサーチしていると、WordPressでは、タイトルとh1タグは、明確に区別しないと同じ文章が入る、ってありました。

イラスト

極端かもしれませんが、一方でタイトルとh1は別、もう一方ではタイトルとh1は同じでOKと受け取れます。どちらがいいのか、わたしにはわからないです。

ここは、今まで通り、記事の題目をタイトルと考え、記事内の項目はh2スタートとしておこうと思います。

新情報が見つかる、または、何か気づけば備忘録としてアップします。

 

本屋さんまで遠い方、こちらでどうぞ ^^

コメント