ワンオンチャレンジパー4!カシオワールドオープン2019!

カシオワールドオープン2019眺望

 今年も友人と CASIO WORLD OPEN 2019 へ、友人お気に入りのオープンカーで。今年のコース、2オン狙えるパー5とワンオン狙えるパー4がセッティングされています。

この2つのコースセッティング、決勝ラウンド第一日目だけかなぁ・・・決勝ラウンド最終日は自宅でテレビ観戦なので?です。会場で配布される『見どころ紹介』パンフレットを見てください。

カシオワールドオープン2019見どころ紹介
スポンサーリンク

入場時

カシオワールドオープン2019入場時

 昨年同様、ミレービスケットありました。女性の方から『いくついりますか?』との問いかけに『3つ』。昨年は5つつながりだったけど、今年は一袋単位での配布でした。

このビスケット、美味しいし、大好きです。観戦途中の小腹対策にもいいです。

あと、ローマ字で、RYO ISHIKAWA と印刷されたボールペンがいただけます。右のティッシュは会場内でのガラガラの景品 ハズレ です。

観戦報告

 いつものようにまずは打撃練習場で、練習風景を観戦。ここで昨年気になってた『スイングチェックコーナー』、今年は勇気を出して応募。悩んだせいもあって、最後のひとりでした。これ、とてもいい思い出といいますか、いい記念になりました。とても役立つ指摘も得ましたので後記します。

 打撃練習場では、プロの押し込んでいるように感じるアイアンショット、ボールの伸びと音がすごいところをじっくりと。。。打つ順番もなるほど、と。

ちょっとビックリしたのが、片山晋呉プロ。。。左打ちからスタート。それがまた右ほどではないけどきれいに当たって前に飛んでってる。自分にできないので、どれだけ効果があるのかはわかりませんが・・・

イラスト、ゴルフ

 次に観戦したのは、No1.のティーショット。昨年は、後方から観戦。球筋は見えたのですが、振ってる感じがあまり見えないので、今年は斜め正面から観戦。こちらの方がスイングルーティンやタイミングがよく見えて、また、音もしっかり聞こえてきて、楽しく観戦できました。

 No1.ホールのスタート、10組まで観戦し、CASIOスイングフォームクリニックへ。友人につき合ってもらって、その後ランチ、ランチ後No.7へ。

No7.では、セカンドショットとグリーン上を観戦。 当たり前ですが、やはり違う。自分と比べるのはおかしいことですが、なぜかそのように見てしまいます。

エンジョイゴルフ、って思っているのですが、心の底では、あのプロのように打ちたいって思ってるんだろうなぁ。還暦過ぎて、今更ながら・・・

 次に行ったのは、本日セッティングのワンチャレンジパー4、No.16、325ヤード。多くのプロがギャラリーサービスでスコアよりもワンオンチャレンジを選択してくれていたように思います。

ワンオン成功者への惜しみない拍手、とてもいい気持になりました。池ポチャのプロもいました。そのプロが池の手前からナイスオンしたときにも惜しみない拍手。素晴らしいギャラリーのみなさんです。

このNo.16ホール、最初はティーグラウンド近辺で観戦してたのですが、老眼+近眼、左右視力差大の私の目ではボールの落ちどころが見えない・・・

グリーン近辺まで、移動し、飛んでくるボールを見ました。こちらの方が状況がよく見えて良かったです。少し視力が弱ってるな、と感じている方は、よかったらお試しください。

あと、せっかくトラックマン2台をセッティングしているのだから、測定結果をディスプレイ表示できてたらいいな、と強く感じました。

イラスト、ゴルフ

このままの流れで、No.17、石川遼プロの組のひと組前のカン キョンナムプロ、阿久津未来也プロ、片山晋呉プロのセカンドショット、パッティング、同組N0.18ティーショットを観戦し、この日もっとも興味あった、石川プロのNo18セカンドショット地点へ。

ここまでは飛んでこないであろう地点で座って・・・上飛んでった・・・
あきらかに他の二人と飛距離が違ってました。

先回りしてたおかげで、石川遼プロのセカンドをそばで見ることができ、そのアドレス、スイングのきれいさに憧れてしまった。音にも。。。

石川遼プロのセカンド、シャフトの長さからするとお得意の2番アイアンかな?、シャフトの光具合から3番か4番かもしれない、などと勝手な空想。これもまた楽しい時間を過ごせました。

その後、R・ガンジープロの3打目を見て、グリーンをチラ見して、帰宅ギャラリー急増を前に帰路へ。楽しい一日でした。

CASIOスイングフォームクリニック

CASIOスイングフォームクリニック2019

 個人的に、とてもよかったと感じた、『CASIOスイングフォームクリニック』。アドバイスしてくれるのは、高知では有名な、杉本英樹プロ。

杉本プロ以外に、CASIO関係者が数人。何人もの目があると思うと結構緊張します。練習不足からくる緊張はなくさないといけない、思いつつ、こればっかりはどうしようもない。
寒さもあるけど、体が回らない。いつものように手でのフルスイングがバッチリ画像に出てました。

 杉本プロからは、腰の回転とウィークグリップの指導を受けました。この二点、私にとってはとても大きな欠点でした。初耳であり、まったく気づいていない欠点だったので今後の課題として目標ができました。感謝です。

 いただいたDVDをセットすると、、、自動スタート、、、動画です。

画像からは、気づかなった欠点が丸見え。
インパクトぴったしに合わせられなかったけど、インパクト近辺の状態も止めて見ることができます。

この画像からも欠点丸見え・・・動画だとさらに・・・

 あと、石川遼プロとの比較動画が見られます。これ、とてもいいアイディアだと思います。ひとりでニッコニッコ^^してました。
自分のスイングのオカシサがハッキリと認識できるところも素直に受け入れられました。

CASIOスイングフォームクリニック2019with石川遼プロ

 いただけるのは、こんな感じのDVD。左上のカードは、裏に予約時間を記載した受付表。これも記念にいただけます。

DVDのメニューは、

 読んで字の如し。。。上達に役立つ情報満載。比較は、石川遼プロとの比較動画です。
動画なので、杉本プロに教えてもらった内容もとても思い出しやすい。何度も見ることになりそうです。

いただいたDVDは、たった10分程度のクリニックでここまで、と思える素晴らしさ。CASIOさん、素晴らしいサービスをありがとうございました。

イラスト、ゴルフ

CASIOさんに感謝。お応えは次回のクリニックで今回よりいい結果を出すことで・・・などと。

 スイングフォームクリニック後には、よくあの腕前で受けたもんだ、と恥ずかしさが・・・
次回はもっとうまくなって再度チャレンジしよう。

スポンサーリンク
ゴルフ
スポンサーリンク
湖 畔 タ イ ム

コメント