詳細!Swift2、iPhoneアプリ開発、入門ノート

swift00

 MacBook12の活用方法を増やせればいいな、と思ってたら、ふと、iPhoneアプリ開発ってのに目が止まり、興味津々。市販のノウハウ本で簡単なアプリ開発ができるまで楽しむことはできるか、まずは図書館にある本でチャレンジ。

1冊目、「世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業」で途中挫折。2冊目「詳細!Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート」にチャレンジ中。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

1冊目、挫折?

iPhoneアプリ開発

 1冊目「世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業」では、Chap5で挫折。本に記載されている通りに入力していると思うのですが、期待する結果が出てきませんでした。

この課題、数日間、悩むも原因も解決策も見つからず、一旦、別の本を読むことで解決するかもしれないので、今回の本「詳細!Swift iPhoneアプリ開発 入門ノート」をセレクト。

 挫折の過去記事はこちら

MacBook12でiPhoneアプリ開発・・・進捗せず!!

iPhoneアプリ開発チャレンジ2冊目

詳細!Swift iPhoneアプリ開発入門ノート」、大重美幸著、発行所は株式会社ソーテック社。3パートからなり、基本から簡単なアプリ作成まで書かれているみたい。

 1冊目が、アプリを開発しながらSwiftプログラミングを学ぶ、という感じでした。本書は、まずSwift文法を学んでアプリ開発に進む、という感じです。

 1冊目とは感じを変えて学んでみようと選びました。1冊目の課題解決策が見つかる可能性もありますし。^^

イラスト

今日読んだところ

 まず、第一歩。今日読み進んだところは、Chapter1「Xcodeをはじめる」とChapter2「基本シンタックス」。

Chapter1は、1冊目で学んだ内容とほぼ同じなので、簡単に次へ。

Chapter2学べた内容は、

  • デバッグ関数
  • 定数と変数
  • 条件分岐 if
  • 処理分岐 switch
  • 繰り返し for、while、その中断方法

なるほど、なるほど、と、、、1冊目と同じように順調に進んでます。

今 後

 私のような初心者が、本を片手にiPhoneのアプリが作成できるかどうか、少しの間続けてみます。同じような興味を持ってる方のお役に少しでもたてればいいな、と思います。

ジョギング

 さて、この本に興味ある方は、amazonでどうぞ。^^

詳細! Swift 2 iPhoneアプリ開発 入門ノート

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク