Windows10右クリックの「送る」に登録!

windows送る

 ファイル名上で右クリックし、出現するwindowの「送る」にショートカットを登録する方法の一例です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

送る、登録手順

 登録先は、sendtoフォルダです。sendtoフォルダをオープンし、そこにNoEditorのショートカットを登録します。

Sendtoフォルダのオープン

 次の1)、2)、いずれかの方法でフォルダオープン命令を送るwindowを開きます。

1)windowsキー + Rキー

 windows キーを押しながら、R キーを押す

windows送る左端がwindowsキーです。

キーボードにも同じマークのキーがあれば、それを押しても同様に実行できます。

2)windowsキーを右クリックし、ファイル名を指定して実行を選択

 windows キーを右クリックすると、

windows送る

出現した、「ファイル名を指定して実行」を左クリックします。

フォルダオープン命令を送るwindow「ファイル名を指定して実行」が開きます。

windows送る

 名前欄に「shell:sendto」(すべて半角)を入力し、OKボタンをクリック。

windows送る

sendtoフォルダが開きます。

ここに、「送るwindow」に登録したいショートカットをコピーすればいいです。

ショートカット上で右クリック、コピー。次にsendtoフォルダ上で貼り付け、も同様の働きです。

NoEditorのショートカットを登録

 NoEditorを普通にインストールしますとデスクトップ上にショートカットができています。

NoEditorショートカット

これをさきほどの「sendtoフォルダ」へドラッグすればOKです。

ショートカットを作成しない、ってインストールを選択してた場合、

プログラム(NoEditor.exe)上で右クリックすると出現するwindowにある「ショートカットの作成」を左クリックすれば、ショートカットが作成できます。

登録の確認

 NoEditorで開きたいファイルのアイコン上で、右クリック。

NoEditor活用

こんな感じでNoEditorが出てきたら登録できています。^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク