スキレット(ニトスキ)美味しい料理ができるフライパン、買った!

ニトスキ、スキレット

 久しぶりにニトリに。。。家庭・Out Door、それぞれで楽しめる、鉄のフライパン『スキレット』買っちゃいました。ニトリで販売しているので、ニトスキとの別名もあるようです。

早速、シーズニングして、簡単な昼のおかずを作って食べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

使うメリット

  • 蓄熱効果により一般的なフライパン調理品より美味しくできる
  • 調理してそのまま食卓へ出せる)
  • 料理が冷めにくい
  • オーブンでも使用可能
  • 安い(ニトリで税込み500円/1個ほど)

 私自身、ダッジオーブンを使用していたので、分厚い鉄鍋やフライパンの良さは感じています。最近、ダッジオーブンは押入れの隅に行ってしまってますが・・・

今は、鉄の中華鍋での調理が多くなってます。

シーズニング

  1. 中性洗剤で洗う
  2. ガスコンロにかけ、中火で水分を飛ばす
  3. 煙が出だしたら、弱火で5分ほど
  4. 火を止め、オリーブオイルを適量入れる
  5. キッチンペーパーで、スキレット全体にまんべんなく塗り広げる

で、終了。

使用してみた

 スキレット(ニトスキ)を2つ、コンロにかけます。温まってきた頃、一方のスキレットににオリーブオイルを入れ、冷蔵庫の残り物のてんぷらを焼きます。

焼き色がついたらひっくり返して、コンロの火を止め、卵を割り入れ、もう一方のスキレットで蓋をします。(蓋にするスキレットは、てんぷら焼く時に火を止めておきます。)

ニトスキ、スキレット2つ使い

これで、1~2分で美味しい目玉焼きができる、はずだったのですが・・・主食のうどんを作ってて大幅に時間延長。

で、食べる頃には、希望より少し硬めの目玉焼きになってました。

ニトスキ、スキレット目玉焼き

 余熱だけで調理でき、それも好みの状態を確認しながら出来上がりを待つことができるのは、すごく楽しいことだと思います。そぉ~と蓋をずらして覗く、あっまだだ、で、また覗くって感じ ^^ あんまり覗く回数が多いとうまくできないでしょうけど。

今回はうどんに気を取られてその楽しみを味わえなかったですが・・・

味は?

 余熱だけで調理したのですが、少し時間置きすぎました。もう少し卵黄がトロ~リとなってるのが好みです。卵黄をお箸で割ってみると、

ニトスキ、スキレット、目玉焼き

次回は、卵黄トロトロバージョンを楽しみます。

 ネットでは、ものすごく美味しい、との評判をよく拝見するのですが、飛びぬけて美味しいかといえばそうでもないような・・・普通に美味いって感じでしょうか ^^

食べたのが目玉焼きだったんで、大きな差を感じなかったのかも知れません。

 ところで、ダッジオーブンとは、蓋の密閉が違いますし、料理する品も異なります。また、これらの調理器具は早く調理することには向いてないように思います。基本的にじっくり火を通すって感じでしょうか。

私のところでは、ダッジは、ゆっくりと流れる時間を楽しむ時に大活躍してました。

次は何作ろう?

 スキレットに徐々に慣れていくためにも、少しずついろんな調理にチャレンジしてみようと思います。今度は豚ロースステーキかチキンステーキか、豚の角煮 ^^

なんか、また、ムズムズ・・・押入れからダッジ出すか ^^

結局のところ、自然の中でゆっくりと調理しながら、また、完成した料理をモヒートやハイボールで嗜みたいってことに行きついちゃうんですね。Out Door大好きです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク