藤田寛之、シングルへの道第8章、コースマネージメント!

藤田寛之シングルへの道、第8章

 ゴルフ指南書、藤田寛之シングルへの道、第8章コースマネージメント、トラブル状況からの脱出編。グリーンを狙うときの藤田プロのルールの紹介があります。そして、ベストルートを外した時、バンカーの目玉の状況に応じた脱出法について教えてくれます。

2012年に買った指南書の読み返し2回目最終章・・・やはり2回目、前よりスルッと入ってきてるような ^^

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤田プロのコースマネージメント

 まっすぐに飛ばすことを考えたことがない。

どっちに曲げるか、決めて打つ・・・???・・・???

早速まいった。まっすぐ前方、あの辺りのフェアウェイを、と常に狙って打ってる私にとって困惑・・・この指南書読むの2回目だろう?って感じることも・・・

ふ~ん、そうかそういうことか、ゴルフは考え方次第で結果が変わるって・・・

250225

藤田プロ、ご自分で編み出した『トライアングル・マネージメント』について図解で教えてくれます。一度コースで考えてみます。

ベストルートを外した時のトラブル処理

2つのトラブル状況を想定した脱出方法を教えてくれます。

  • つま先下がりで左足下がり
  • クロスバンカー

状況に応じて、自分が打てる球を判断。その考え方と狙い、ショット時の注意事項について説明があります。ショットは連続写真で見せてくれます。動画も分かりやすい。

バンカーでのトラブルショット

 目玉バンカーの脱出方法、目玉の状況別脱出法、次の4つの状況への対処方法が載ってます。

  • 深い目玉
  • 浅い目玉
  • 砂が硬い時
  • アゴの傾斜に突き刺さった目玉

それぞれの状況脱出をマスターした後、コースではそれぞれを組合せて対処すべきなんでしょうね。

 こうなるとこんな失敗をするってことも説明があります。なるほど、考えたことなかった・・・ここでも読むの2回目だろうって自分に言ってしまう。

002989

この章で決めたこと

 とにかく、今までの『どっからでもピンに向かって届かせよう』って考えはやめる。わかっててなかなかできないこと・・・自分の実力が把握できておらず、『これで、打てるやろう』って打っちゃう。

ボールの状況をよく見る、これがこの章で学んだ一番大切なこと。あとは状況に応じた打ち方の説明なので、その時その時で読み返せばいい。

 だた、エンジョイするだけでなく、ちゃんと反省して次回に活かすようにしないと、と重々感じました。この反省も読んだ直後からいつまで維持できるか、これですね。すぐ忘れてビール飲んじゃったりするもんね。

その場だけのエンジョイゴルフからの脱出、結構努力が必要だなぁ。

Golf

 あっという間にシングルになった方々は、それなりの努力を積み重ねていたんだ、とつくづく感じました。

 3年前の指南書、まだ販売してますね。