MacBook12でiPhoneアプリ開発の授業3時限目!!

iPhoneアプリ開発3

 iPhoneアプリ開発3時限目、「Playgroundを使ってSwiftを学ぼう!」。変数宣言や簡単な計算を都度確認しながら理解するってイメージでしょうか。。。命令文の右側に結果が表示されるので、プログラムミスはすぐわかります。Swiftのプログラミングの基礎を学ぶにはいいですね。

 この機能を試すには、最初にPlaygroundを選ぶ必要があります。これ、

iPhoneアプリ開発

スポンサーリンク
スポンサーリンク

Playgroundって?

 Swiftプログラミングの基礎を学ぶことができる場所、でいいかな? 実際、かなり勉強になった、ような気がします。命令文入力すると即右側に結果が出ますし、エラーもちゃんと出ます。

画面はこんな感じです。右の薄灰色の箇所に結果が表示されます。

iPhoneアプリ開発

この章で学べること

 一番のメリットは、命令文を入力し、その命令文が合ってるかどうかがすぐにわかるってところ。

  • コメントの書き方
  • 変数の宣言方法と使い方
  • データ型の宣言とデータ型の変換
  • 配列の作成と使い方

プログラミングは、これらの組み合わせで作成することができるようです。なんか面白そうです。今のところ、全く嫌にならず、楽しみながら学べています。

著者の意向に沿ってるって感じですね。

個人的主観ですが、変数の種類、宣言、配列の宣言・活用、とてもわかりやすいですね。3時限目チャレンジしてて、アプリ作成できそうな気がどんどん大きくなってきました。

 これは試していただくしか、ご理解頂けないかも・・・iPhoneアプリ作成に興味ある方はぜひお試しくだされば同じ感覚を感じていただけそう。

こんな感じです。自分の理解度が把握できるような感じもします。

iPhoneアプリ開発3

エラーもちゃんとわかりやすく表示されますし、対処方法も気づくような感じのメッセージですね。

 配列もおもしろい。複数のデータを扱う場合には、いいって書いてありますが、その通りだと感じました。この配列って理解しやすいですね。

まっ、ここまでは初歩の初歩でしょうから、つまづかずについていけてるんでしょう。

4時限目、チラ見したけど・・・なんか少し複雑〜って感じ。

毎日1時限、なんとか学んでいきたいと思います。多分、たまに1時限が2日にまたがる時もあると思います。(日曜は休むかも・・・)

 還暦近いおっさんがどこまで頑張れるか興味ある方々、がんばれと応援してくださる方々に見ていただければ嬉しいです。

 使ってる教本はこちら。。。宣伝です ^_^

世界一受けたいiPhoneアプリ開発の授業

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク