操縦が楽しいParrotミニドローン、遊んだ時間は約10分、即撃沈

parrot1

 NTTのポイントが溜まっていたのですが、交換商品に特に欲しいものがないなぁと交換商品サイトを見ていました。

ちょうど、巷を騒がせていたドローンって交換商品が目にとまり、家族からは「子供っぽいきやめや」と言われるのを覚悟して交換。

届いた箱を見て、その小ささにビックリ。開けてまた小さな可愛い物体にビックリ。手にとって軽さにビックリ。

いかに世間からズレて生活していたのか、改めて感じました。

で、早速、組み立てて、といっても4つのプロペラと両輪を取り付けるだけなので、ほんの数分で終了。次に充電・・・マニュアルによると約1.5時間、これが結構待ち遠しい。

その間にiPhoneへドローン操作アプリ『Free Flight 3』をインストール

飛ばしてみて

 これはおもしろい。楽しい。久々に興奮しました。最初、子供のおもちゃかも、と思ってただけに嬉しいショックでした。あっそうそう、アプリへは、簡単に自動でつながっちゃいました。

離陸、水平飛行、前進、後進、上昇、下降、その場回転、勝手にアクロバット、天井這い、と感覚的操作が可能なアプリだったので、すぐに慣れました。

手で投げても投げた先の空中で静止飛行してるし、空中で回転、とか、想像していなかっただけにビックリ。操作ボタンに設定されている動作なので、操縦したわけじゃないのですが、まぁビックリでした。

音、プロペラ音は結構やかましいですよ。でっかい蚊がいるとでも表現しましょうか ^^

飛行時間ですが、時間で表現しますと5,6分、結構短く感じるかも知れませんが、操縦してると結構疲れますよ。集中してるんでしょうね。

 

 さて、この楽しい時間も3回目の充電を終えて飛行させてところまで。-_-;;

テレビに衝突後、離陸操作しても、その場で前方宙返りするだけ。離陸してくれなくなりました。1日目で壊れました。ちょっと調子に乗りすぎました。

それまで、何度か壁やテレビ、冷蔵庫などの電化製品にぶつけたのですが、車輪のおかげで無傷。なので、少々のことは平気だろうと・・・毎度同じぶつかり方をするのですが、今回は限界をこえたんでしょうね。

推測ですが、ジャイロが狂ったのでしょう。ぶつけて故障なので、保証はきかないし。残念。

parrot2 操縦が上手になったら、車輪を外そうと思っていましたが、故障修理の連絡先がわからないので、残念ながらあきらめております。

離陸せずに、その場連続前方宙返りだけでも面白いかも・・・そんなわけないか・・・

操縦するときに気をつけること

 Free Flight 3は、iPhoneの傾きへの反応にタイムラグが生じます。このタイムラグを考慮して障害物を避けることが重要な操縦テクニックになろうかと思います。

風にも気をつけてください。扇風機の風でも飛行に影響を受けます。あっと思ったら右の壁、って結構ありますから ^^

 

 ネット見てるとジョイスティック2本で、上昇・下降、左方・右方、と簡単に操作でき、空撮できるドローンが大人気なようですね。このジョイスティック2本タイプで、進行方向が画面で見れるとゲーム感覚が研ぎ澄まされて、もっともっとはまりそうです。

 最後に、ドローンって、他人に迷惑をかけることなく楽しめたらいいなって思います。ちょっと考えただけでもすぐにいろいろな犯罪への応用が浮かびますから。凶器になったらすごく怖いです。

 

コメント