チーム芹澤に学ぶゴルフ、藤田寛之シングルへの道、2冊読んで・・・

低コスト打ちっぱなし

 チーム芹澤に学ぶゴルフ、そして、藤田寛之シングルへの道、と2冊のNHKゴルフテキストを読んで、録画見て・・・今やってること。。。写真は、低コストの打ちっぱなし練習場です。120発で500円です。向こうのネットまで70yardほど。

 今はこう決めていますが、また何かのきっかけで変更や追加があると思います。回り道せずに上手になれるといいのですが・・・

これをやろうと決めて実践してること

自宅の部屋

  • ビュンビュン素振り(チーム芹澤に学ぶゴルフ)
  • スイングセッター練習
  • 鉄アレイ使用、体幹強化(チーム芹澤に学ぶゴルフ)
  • パットが上手くなるカップ練習
  • パターの動きを覚える練習(藤田寛之シングルへの道)

スイングセッター(過去記事)とパットが上手くなるカップ(過去記事

スイングセッターとパットが上手くなるカップ

スイングセッター、グリップがかなり痛んできました。この痛み方、悪いグリップの見本でしょうか・・・なんでここがって思ってます。

スイングセッター痛んだグリップ

打ちっぱなし練習場

  • SW、30yardショット(両方から)
  • SW、50yardショット(両方から)
  • 7I、スリークォーターショット(チーム芹澤に学ぶゴルフ)
  • 7I、100yardショット(藤田寛之シングルへの道)
  • 3W、高ティショット(チーム芹澤に学ぶゴルフ)

低コスト打ちっぱなし、ティ3連

 低コスト打ちっぱなし練習場のティ3連。3Wの練習で、高い方から順番に打ってます。まだ、たまにヘッドの上端で打ってしまい、ヘッドに打痕が残ることがあります。まだまだです。

コースで

  • ボールの置かれた状況をよく見る
  • テキストを思い出しだし、応用してみる

今の目標は

 まずは、SWの30yardショットが安定して打てるように。ダフらず、いい打音が出るようになる。これができたら徐々に距離を伸ばしていこうと考えていますが・・・

今は、SWでの30yardショットが難しい・・・50yard飛んでしまう・・・

ボディターンをマスターするには、バックスイングで腕が水平までいかないと、ダウンのきっかけがつかめない。30yardは、8時くらいまでのバックスイングで飛ぶ・・・

人それぞれだから、今のまま30と50yardを練習すればいいかな、と勝手に解釈してます。

ゴルフ、アプローチ

 同時に、7Iでゆっくり100yardショットができるようになる。また、3Wでの高ティでつかまった球が打てるようになる。

低コスト打ちっぱなし練習場へ、SW、7I、3Wの3本だけを持っていく。最初はSWでの練習を重視し、徐々に7I、3Wの練習を増やすことにする。

とにかく、安定してゆっくり振れるスイングリズムを身につけることを目標とする。

今 後

 SWと7Iでボディターンをマスターできたら、ドライバーの練習を開始。ドローとフェード、どちらが打ちやすく感じるのか把握し、打ち分けができるようになる。

目標決めたら、期日も・・・って、当然なんだけど・・・

まずは、SWと7I、3Wの練習を今年一杯、火曜と木曜の週二日、続けてみます。その結果から、来年の目標をきめようと思います。

自分がどの程度打てるようになるのか、まったくわからない。今の悪い癖がいつごろ消えるか、これが最も気になるところです。

ゴルフ、ナイスショット

同伴競技者のユッタリリズムでとっと向こうまで飛んでいくボールを見ると、ほんと、うらやましいですもん。

褒美は、ハワイかサイパンか、宮古島か石垣島か、どっか暖かいコースへ ^^

ついでに美味しいものが食べられるということなし ^^

 

コメント